特に赤ちゃんが夏にかかりやすい病気


侮れない夏の病気

梅雨から夏にかけて 暑さや湿気が大人でも体にこたえます。
ましてや、赤ちゃん子供には もっとこたえるでしょう。
特に暑さと湿気を好むウイルスが引き起こすものを
総称して「夏風邪」と言い その中でも
子供たちがかかりやすいものがあります。
毎日の暑さと体力の消耗もあってあっという間に広まることも多いです。

こんな症状に注意

*高熱がでる。

*目の充血、痛みがある

*のどが赤くはれ、痛みがある。

*体に発疹がでる。

こういう症状がでたら
まずは病院へ

夏風邪の代表的なもの

プール熱

症状:高熱とのどの痛み
目のかゆみ、充血、涙など結膜炎のような症状
プールの水を介して感染することもあるのでプール熱と呼ばれている。

ヘルパンギーナ

症状:高熱とのどの痛みが特徴
のどに水泡や潰瘍ができて痛みがひどく
赤ちゃんの場合はミルクが飲めなくなることもある。

手足口病

症状:手のひらや、足の裏口の中に小さな水泡や
赤い発疹ができ熱がでることも

脱水症状だけは気をつけて

これら3つの病気は対処療法が中心になるので
結局は喉ごいのよい食事をしながら
体力を回復させ 治っていくのを待つしかないのですが

ひとつ病院の先生から注意されたのは
脱水症状にだけはさせないこと!!ということでした。

離乳食やご飯を食べないくらいは2-3日大丈夫ですが
水分だけはしっかりとること!この点さえ抑えておけば
数日でおさまる病気のようです。

うちの子は鼻水もでず、咳もせず・・・なのになぜ熱が?と
思って受診したのですが ヘルパンギーナでした。
のどや口の中に口内炎のようなブツブツができて
これがとっても痛いようです。2-3日でだんだん落ち着いてきます。
いろんな夏風邪があるのですね。

赤ちゃん寝かしつけ

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

敬老の日に手作りプレゼント

もうすぐ敬老の日ですね。 いつもお世話になっているおじいちゃんおばあちゃんに 子供からの手作りのプレゼントはいかがですか? 孫から…

ページ上部へ戻る